« 300キロコース試走。。。というより、夫婦で一泊ツーリングその1 | トップページ | 300キロコース試走。。。というより、夫婦で一泊ツーリングその3 »

300キロコース試走。。。というより、夫婦で一泊ツーリングその2

とりあえず、300ブルベのコースを目指して東に進み、阪和自動車道を越えたあたりでブルベ本コースに復帰します。

二人でのんびりと田舎道を走ります。田んぼの中の道やら、旧道らしき家の軒先を通る細い道やらで、GPSがなければ「ほんまにこの道であってるの?」と止まりたくなるような道です。門前に繋がれた犬に「わんわんわん!」と吠えられて

「近畿ブルベは必ず一度は犬に吠えられる仕様らしいネー(^^)」と笑っていると旦那が「近畿オダックスの本質がやっとわかったわ。道オタクやで。『こんなエエ道ありまっせー』ってのが根底にあって、そこを走らせたいんやろ」と言います。

なるほど、そうかも。名古屋とは対極な気がしますね。私はこういう道大好きでっす(^^)

暫く走ると黒沢ハイランド牧場への上りが始まります。

Ca390640b 緩やかな上りがずっとツヅラ折れで続きます。

前に小さく海苔さんが写ってますよ(^^)

追いついて話しかけてみましょう!

「おはようございます♪地元の方ですか?」と聞くと

「そうですよ。どちらから?」と聞かれました。

「神戸からでーす♪』と答えると

「神戸だったらこんなところにわざわざ登りに来なくても六甲山があるじゃないですか」という返答・・・・?もしかして「酒場か」と思われているのでしょうか(^^; 

P3290035b 「ブルベの試走です」と答えます。そしたら「ブルベっ!(-o-;)」一言いうなり、さあーっと離れていかれました。なぜ・・

つづら登って行くと・・・

P3290042b 有田川町と海南市の境の峠に到着(^^)

やったー、豪快で爽快な下りだー♪

深く切れ込んだ大きな谷を眼下に見ながらのくだりです。

左手には有田川の支流が流れますが、この川の水が綺麗なんですわ!何処までも透き通っていて、川底の石がくっきり見えます。この旅を通じて何度「綺麗な水やね!」て叫んだことか(^^)車も少なくて空気も綺麗で水も綺麗、そんな緑と桜の道を走れて良かったです。

P3290056b 424号線は有田川に沿って走り始めます。

と、龍神温泉の看板が道に沿ってたってます!

「龍神温泉66キロ」「龍神温泉65キロ」・・・

まさか66キロ地点でカウントダウンが始まるとは思わなかったので、暫く「6.5キロ」と間違って点を入れて読んでました(^^; 壮大なカウントダウンですねー。これがずっと龍神温泉に着くまで続くからスゴイです。

Ca390649b 上の写真の桜堤のガードレールを乗り越えて桜と川を見ながら11時前におやつタ~イムです。

これからの坂に備えて大福餅と坂饅頭(ちゃうっ、酒饅頭(^^;)を食べます。すっかりノンビリムードです。

残ってるオレンジジュース飲んじゃって、ってことで背中のザックの食料を食べつくし、ふと、横を見ると立ち○ょんなヒトが(^^; そんなに軽量化しなくても。

「いや、川の水資源に貢献しといた( ̄^ ̄)えっへん」って(笑。

春もうららで「夕方までに十津川に着けばエエんやろー」とあっちこっちで写真を撮り、立ち止まりながら進みます。

どこまでも424号線を進み、有田川の支流修理川沿いも424号です。暫く川沿いを平和に進みCa390666b

軽いアップダウンが始まって登って行くのですが

うーむ・・・旦那さん軽~く登ってますね(^^;

P3290061b 道の駅しらまの里。

『特産美味しい あんぼ』の張り紙がありました。

あんぼって何でしょ?「きっと餡が棒になってるのだあ(^^)」って、そんな旦那が泣いて喜ぶ棒なのかは本番のお楽しみ♪Ca390654b

道の駅を出るとすぐに白馬トンネルでけども行けども出口が見えません。走り出して唖然。ひたすら長いです。 「うわ、どうしよう。怖いよー。怖いってばー(>_<)!」本番でもぶつぶつ独り言を言いながら走ってると思います(^^;

トンネルを越えるとまた小さな川沿いを走りますが、これは日高川。424号線はいくつもの川沿いを走り続けます。

軽く登って(ぜえぜえ・・・)美山・椿山ダム到着~♪

Ca390657b 美山って自転車的にはよく聞く地名なのですけど、こんなところにあったんですね(^^)

Ca390659b 早速第一チェックポイントの愛徳荘へ。

お楽しみのお昼ご飯タ~イム(^0^)

何にしようかなー♪、と悩んで何故かうなぎ丼を含むメニューが多いの気づきます。川うなぎでしょうか?と聞くと、冷凍の仕入れです、とのこと。鮎が特産でおススメらしいです。

「鮎だし付けらーめんセット」にしました。ホントはラーメンに鮎の焼いた切り身が乗っていたのですが、ハっ、と気づくと食べちゃってました(^^; なんちゅー食いしん坊なんじゃろ自分・・・。お味の方は、ラーメンの釜揚げを鮎の風味出汁で食べると言えば判っていただけるかと思います。美味しかったです(*^_^*)v

ここを出て暫く走ると道の駅龍遊の里です。Ca390665b ここが今日の最大の道の駅です。

虫の脚がフルフルと動く鉛筆けずりが可愛くてお土産にします。

ここを出て暫くアップダウンを繰り返して、いつの間にか国道424に別れ、国道425号から丹生ノ川沿いの県道735号へ入っていくのでした。

ここからが秘境ターイム♪です(笑)私の持っている「つーりんぐまっぷる」には735号はこのように書いてありました。「ひたすら深い山中を進む」「集落を結ぶ狭い山道、施設と呼べるものはない」・・・・・(- -)・・・施設と呼べるものはないもない?・・・迫力を感じますね。ちょっとドキドキしながら走りだします。

|

« 300キロコース試走。。。というより、夫婦で一泊ツーリングその1 | トップページ | 300キロコース試走。。。というより、夫婦で一泊ツーリングその3 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531167/43611216

この記事へのトラックバック一覧です: 300キロコース試走。。。というより、夫婦で一泊ツーリングその2:

« 300キロコース試走。。。というより、夫婦で一泊ツーリングその1 | トップページ | 300キロコース試走。。。というより、夫婦で一泊ツーリングその3 »