« 125BRM名古屋 その3 ゴール | トップページ | 125BRM名古屋 その1 朝 »

125BRM名古屋 その2 

走り出すと平地ですし、集団は固まったままです。20人くらいでしょうか。この時写真を撮ろうとして、「shock だめじゃ~」と気付きます。ユニクロのグローブ(Lしかなかった)はブカブカで、とても写真を撮るなんて繊細なことは出来ないのです。それどころか携帯電話さえ取り出せません。

「ま、ブロガー失格てことですねえ♪今日はそーゆー日ってことで♪confident

そう心を決めると、余分なことをしないでいいので楽になったような。兎に角走ろう♪

と、2人ほど前を走る海苔さんがやたらと気になります。白いクロモリtestachに乗った灰色のタイツの方が凄く綺麗にペダリングされているんですね。傍目に見てるとその方にごっつい余裕があるのがよく判ります。走り方も凄く紳士的かつ大人です。

「この方とお話してみたいなあ・・・lovely」と思いましたけど、シャイな私は話しかけられませんでした(笑)

暫く走った後、ワタシの前の人が集団から切れたので、悩んだ挙句かわして追いかけることにします。ややこしい高速道路脇の側道を迷いも見せずに走りぬけるあたり、どう見ても離れていく前の集団の先頭は地元民でしたから。

追いかけ始めると右折の際に順番が入れ替わり、ワタシの後ろに来ていた白TESTACHさんがすっと前に出てニッコリと笑い、前を引いてくれました♪ なんか嬉しい。

でも、前に追いついて平和に走っていたのもつかの間でした。信号が黄色になって、当然紳士なtestachさんは綺麗に止まります。でも、信号の向こうは登りですよcoldsweats01。「あ、ここまでやな」と思いました。信号が青になった途端、ワタシの予想は的中。背中を見送ります。そこからは一人。後ろは随分前の信号で千切れて誰も見えません。

でも暫く一人で走っていると、アップダウン区間に入ったせいか前の集団からポロポロ千切れてきた人と遭遇するようになりました。適当にかわしながら前を追いかけていると下りで物凄い勢いで抜き返されました。今度は赤いカーボンTESTACH海苔さんです。

「おお、これは良い方が現れました (^^)」とくっついていくことに♪この方、大柄な方で下りと平地は滅法早いのです。時々お話しながら進みますが、こちらはおばちゃんなので丁寧に敬語を使って話されるあたり、好青年なのです♪内心「ごめんねえ・・・こんなオバチャンがくっついて走って・・・(^^;」とも思うのですが、ペース自体は似ているのでそのまま一緒に走らせていただくことにしました。暫く走るとPC1。ここでレシートチェックです。

happy01 あ!白テスタッチさんも、クラインさんも!

と思って喜んでいると、白テスタッチさんが「暑いですね」と言われます。そーなんです (^^; もう暑くて暑くて。私、見るからに暑苦しい格好してたみたいです(笑)。この日気温は低かったのですが天気が良くて、走っていると汗を大量にかいてました。ここで手袋を替え、半ズボンをガサっと大胆に脱ぎ、アームウォーマーも取ってサドルバックに押し込みます。ジャケットも脱いで押し込もうとしましたが、これはサドルバックの容量不足で入りませんでした。

ガサゴソしてて、はっと気付くともう誰も居ません (^^; 。やばっ、と私もジャケットを着たまま走り出します。でも、これで良かったのです。走り出すと寒かった。ふと見ると路肩に溜まった水はちょっと凍ってます。路面は少し濡れているところを見ると、さっきまで凍っていたのが日を浴びて解けたんでしょう。

「凍ってるのに暑がっていたとは!(^^;」と思いながらあと40キロちょい、PC2の折り返しまでノンストップで走ることにします。途中でまた赤テスタッチさんに遭遇、一緒に走ります。浜名湖を渡る浜名湖大橋はこんな感じで海の中を進みます。

Pap_1793気持ちいい~♪

  Pap_1792

で、ここを過ぎたらPC2の折り返し地点です。到着すると尾澤代表が居られました。

「人が走っているのをこうして見ると、うあ、シンドそうって思うんよね。」と仰るのですが、、、、。これには可笑しくて可笑しくて思わずクスリと笑ってしまいました。

「何をおっしゃる兎さんって感じですけど(笑)。ロッキーマウンテン走行記読ませていただきましたよ。」と笑いながら言うと、「あ。そうやね。happy01あはは。」と笑ってはりました。なかなか面白いお方です。

ここで近畿300でお会いした名古屋のスタッフの方(去年の名古屋200ブルベで「心配や~」と叫んだ人)に会います。スバゲッティを食べておられる横でおにぎりを食べながら少しお話しました。

「アナタ、早いね!旦那さんも速かったけどねー!」と言われ、面食らいながらもまたもや「遅いですよー」と受け流します。まあ、旦那が速いのは事実だけれども。

「アナタ、PBPには行くつもり?」と聞かれ「そーですねー。」と言い淀みます。「うちの旦那さん、自営ですしお仕事休めるかどうかわかりませんから・・・。」と言うと、「僕は取引先には『日本の代表として行く』って言ってます。そう言えば大抵の方は『頑張って来て下さい』と丸く収まりますよ」と言われるのです。

ほお~(@@)そういう言い方も出来るんだぁ~、と認識を新たにしたべり。PBPにしてもブルベにしても、ただただ自分の趣味のものという認識でした。出来得れば3年後、取引先に『日本の代表としてパリに行く』などと言えるようになりたいなあ、と思ったのでありました。

ここでまたクラインさんとお会いします。

海を見ながらお食事されていたようです。

Pap_1795  妙にアロハ~な風景ですが、寒いです(笑)

ここでサクッと食べてさっさと出発することにします。

補給はおにぎり2個とプリンだけですが、ウェストバックの中には沢山お手製補給クッキーが手付かずで残ってます。これを齧りながら走るつもり。クラインさんに「お先に~♪あ・・・・でも道がわからんわ (^^;」と言うと「海苔が向こうからやってくる方が正しい道ですよ(^^)。」と適切なアドバイスをくれました

|

« 125BRM名古屋 その3 ゴール | トップページ | 125BRM名古屋 その1 朝 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531167/44265811

この記事へのトラックバック一覧です: 125BRM名古屋 その2 :

« 125BRM名古屋 その3 ゴール | トップページ | 125BRM名古屋 その1 朝 »