« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

名古屋BRM228 300キロ  ②

左手に海が見えてきます。坂をどんどん上がって行くとザザ~~~ンっと太平洋の波が打ち寄せる岬を先へ先へと辿ります。

P2280112  強い潮風が吹いてます。でも、そんなこと気にもならない。

折り返し地点のこの岬を先に先に走っていくのにワクワクしてました。打ち寄せる波が長く伸びているのを見ると、「もっともっと!この先まで!」とP2280113

私は走りたい!!!happy02 海へ飛び出しそうになるまで!

・・・・・ま、上り坂なので飛び出すほど勢い良くは行きません (^^;

岬のPC2でチェックを早々に済まし、いそいそと伊良湖岬灯台へと向かいます。腹ポンとの約束では「大アサリか灯台かどっちかお遊びは一つ」ということでした。灯台を選びます。

P2280115  でも、灯台って高く高くそびえるものですよねえ?なんでどこにも見えないというか、この急な階段の下って間違いじゃないんでしょうか?

でもP2280114 ネタのためなら、エンヤコラ♪、と急階段をクリートでものともせずに降りる監督。

ワタシャ、手すりに跨って滑り降りようかとマジで思いました (^^;

と、突然に!

P2280117  白亜の灯台が!!(@@)

あって良かった~。一瞬長篠城址の悲劇の再来かと思いましたもん。

小さくて可愛い灯台でした。夕日だったらもっと綺麗だったろうに、とふと思います。

Ca391909 機嫌よくまた階段を登ります(^^)

ここで監督とはお別です。監督は大アサリを食べに道の駅へ旅立たれるのです。

「もう後ろを振り向かないで。僕を探さないで下さいね。」と言い置いて・・・(^^;

でも、監督との約束は直ぐに破ってしまいました。だって、P2280120

これが放つ匂いときたら・・・(絶句)

殺人的です・・・・(溜息)。

Σ(゚□゚(゚□゚*) アレッ?! ふと後ろをみて私が居ないことに気づく腹ポン。すびばぜん。すみません。焼き網に吸い寄せられちまって・・・(^^;。結局一皿焼いてもらいます。

P2280121でも見て下さい。この大きさ♪このつやつや感。ジューシー感。ええでしょ~?(^^)

ここでべりさんの一分間大あさり講座のお時間です♪

お店のお姉さんは、大あさりを手に持って、貝の隙間からスパッと上下に切り分けるんですよ。そしたら、両方の貝にそれぞれ身がついてくるのです。それを剥がして塩水でチョイチョイと洗って焼くのです。

つまり「3個500円」といってますが、正確には「1ツ半500円」なのですね。

そしてこの大アサリ、アサリといっても砂を掘り返しても居りません。岩場に住んでいるそうで潜って採るとのことです(^^)・・・・・・・・・と、ここまで聞いたら「急がしんだから!」とお姉さんに怒られちゃいました。私も「そーだ、自分も急いでいる筈だった」と思い出します。

ここから着た時は追い風の道を逆に走り始めます。なぜか向かい風は弱めで思ったほど体に堪えません。渥美半島のメロン直売場を見ますが、今は季節ではないのでしょうか、時間が遅いのでしょうか、売ってませんでした。

Ca391914  菜の花の良い匂いの中を進みます。

渥美半島を出ると暫く市街地の道となり、じっと我慢の子で走るしかありません。

「豊橋あたりで早めの夕食かねえ」ということで適当な店をうろうろと探します。2,3軒失敗してめんどくさくなり

「あのピカピカ派手に光ってる店にしよ。」と選んだのが中華屋さん。でも一歩店内に入ると現地語が飛び交い、なんともイケる雰囲気です(^^)。お味のほうは想像通りヒットど真ん中。安くて美味しかったです。

P2280123  ピリリとした台湾ラーメンはさっぱりしていて食べやすい。加えて名古屋名物らしいです♪

ご飯を食べるとPC3を目指して走ります。PC3まではあんまり覚えてないです。途中でふと横を見ると、ひらまつ監督が居てびっくりしたことくらい。でも監督とは直ぐにお別れでした。今度は「へぼ海苔」になりに旅立って行かれたのです。アーメン<なんでや・・・

PC3、ここでもサックリとチェックを済ましたら休憩しないで走り出します。それほど疲れている感じもなかったです。

走り出すと山の中・・・・・・・・・・・・・・また、山・・・・・・・・・・ずっと山・・・・・・・・・・・・・・(--;・・・・・・・暫くはまだ明かりがあったように思いますが、暫く進むと真っ暗闇です。夜なのでスピードメーターも見えませんし、競争相手も見えません。本当に楽に、楽に、登っていけました。二人で色々喋りながら昇ります。

「これってホント、ブルベって感じやね~(^^)」「うん、ブルベじゃなかったらこんな夜に山に来ないしね♪」と。夜のヒルクライムくらいブルベらしいものはないのかも、とこのとき思いました。静かな中を一定ペースで二人で息を合わせ、脚を合わせて登っていく、登っていく・・・なんだか楽しくなっちゃうんです (^^)。素敵な経験でした。

時々前方に赤い灯がチカチカします。ブルベのお仲間です。追いついてご挨拶して後ろを振り返った時のこと。

ヒィ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

カーブで直ぐに見えなくなって、後ろはただただ吸い込まれるような漆黒の闇でした。

アカン!後ろは見たらアカン!!監督もそう言うてた!(>▽<)

ということでそれからは振り返らずに進みます。「もうそろそろかな」と腹ポンが言うと、その通り、大きなトンネルに。これで上りは終わりです。ここから下り、つまり寒くなるわけです。服を着ようか悩みますがこの気温(4度)だとこのままでもいけそうです。甘く勘定してそのまま下るとやっぱり寒かったですが、低体温症になるほどでもなかったので、気にしないことにしました。どうせ平地に降りたら温くなるんですから。

PC3からノンストップでゴールまで走ります。夜なのでスピードは抑え目、その分体が楽です。夜間ステージの良い所ですよね♪

そして22時50分ゴール♪Img_7464

スタッフの方、前にゴールされていた方とお話できて楽しかったです(写真はスタッフのシイナさんのサイトから頂きましたm(_ _)m)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋BRM228 300キロ  ①

走り出す直前、ハっと目を引くカーボンホイールが。なんと痛チャリです happy02

Ca391915 ダッシュでネタを追いかけるひらまつさん。こんなに速いひらまつさんを見るのは天満屋以来です。

・・・・やっぱりネタに生きる方は違う・・・・ (^^;

と背中をお見送りしていると「バッチリ happy01 v 撮れた♪」とニコニコ顔で前で待ってはりました。

「もう、ひらまつさん、お茶目なんだから~(笑) wink 」と腹ぽんと和やかに談笑して平常走行に戻ります。クラインさんと武さんが面食らっておいでのようでした (^^;。

と、名古屋ブルベ200で泊まった宿「大黒屋」の前を通ります。何度見ても変な宿です。暫く経つと山道へ突入です。

初はゆっくりとしたペースの方を先頭に平和に・・・・と、後ろから痺れを切らして追い抜く方が出てきます。ま、それもアリかと・・・・と見送っているとクラインさんが飛び出しました!。この方のフォームの特徴はしなやかなこと。とても綺麗です。私も付いて登ろうとしますが、全然無理でした。この時点で「今日はご一緒は無理やなweep」と思いました。短い登りなら待って頂いても大して時間は変わりませんが、今日は700m近くまで登ります。迷惑をかけることは目に見えてきました。それに真面目で超地元民のクラインさんが、「ネタ走行」をされるとは思えません。

Ca391898  『先に行ってください。私たちはここに寄ります。」と待っていてくださったクラインさんと秀枡屋でお別れしました。

思いおこせば昨年の名古屋200キロ、初めてのブルベで、しかも一人で、その上タイヤの空気が抜けて困っていた私に空気入れを貸してくれて、ゴールも一緒にしたクラインさん。

今年の名古屋200もスタート地点で一人で居るところに声をかけてくれて、途中でも道に迷っているところを「どうしたんですか?happy01」と声をかけて下さったクラインさん。ゴールもご一緒させていただきました。私にとって名古屋ブルベはクラインさん抜きではありえなかったくらい。

Ca391899 ・・・・・・待っていて下さったのに済みません・・・・weep。さよならすると、少し胸がキーンとしますヨ。 ここでお饅頭を買い、美味しそうで安い洋菓子に目移りしながらもお腹が空いてないのでおトイレだけお借りしてまた走ります。ここ秀枡屋はまだ登りの途中です。「まだ?・・・(;_;)・・トンネル?」と内心泣きながらやっとこさ、新段戸トンネルへ。

ここから下りです。下りに慎重な腹ポンなのでゆっくりと下りますが、途中で腹ポンの自転車から何かが爆発したように飛び散って後ろに飛んできました。「なんか・・・チャフみたい (^^;」と思ったら、ライトが振動で暴発(?)してエネループが飛び散ったんでした。4つのうち3つのエネループを回収して後はあきらめます。

だ~~っと下っていくとPC1のはずですが、ここで寄り道です。「長篠城址」に立ち寄ります。

P2280107  「城址」って・・・・・ただのグラウンドじゃん!

ヒドイっ、酷すぎる(;_;)。私の期待はどうしてくれる!

P2280105aa ということでこんな感じで・・・

P2280106b  こんな感じで・・・・(汗;)

直ぐのPC1でMMコンビさん、クラインさんコンビとまた遭遇します。えへへ♪ここでモリタさんと一緒に写真撮ってもらいました。また、ここでモリタさんの凄技も拝見。レジで「すみません!セロテープちょっと下さい!」と言うなり手を伸ばしてテープを少し貰い、ブルベカードに貼り付けちゃうんです。私も早速真似しました♪うーん(@@)モリタさんは見る度に「はっ」っとさせて下さる方ですね。こういう方、ダイスキです♪

Sany0119  この次モリタさんにお会いしたのは、PC1を出て直ぐ、私が道端で自転車をひっくり返してチューブ交換(の真似)をしているところでした。「どうしたん?大丈夫?」「パンクです。大丈夫!」と走っていかれました。私はチューブだけ出したら後は「3分待つのじゃぞ!」状態でして、あとは腹ポンが交換してくれるのです。ちなみにタイヤサイドがざっくり切れ掛かるほどだったので、ひらまつ監督からガムテを頂き、ぺたりと貼って補修しました。ガムテって持っておくべきものですね、ウン!confidentこれから持とう!

そこから暫く走ると11時半前、「魚魚屋」で巨大えびふりゃ~を頂きます♪

Ca391903  こんなにデカイ!ひらまつ監督がサドルポストを比較のために抜いてきたのには笑いました。

(店を出るとき、サドルポストを忘れかけたのは秘密にしといてあげましょう wink

このお店で50分遊んでしまいます。まあ、私的には時間よりもお財布的に痛かったです。

お昼を食べたら後は伊良湖岬に向けて走るだけ。途中休もうかと協議にかかりますが「この追い風に乗りましょう!」ということで風を利用して走れるうちに走ることに。お陰で気持ち良く伊良子岬に到着しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋BRM228 300キロ 出走前(思わず絶叫)

前日の11時前に宿(豊田センチュリーホテル)に付きます。ここで寝て朝5時前に起きて6時過ぎには集合地点の柳川瀬公園へ。

寝れたような寝れないような (^^;。セミダブルというには狭すぎるベットでしたが、シングルで泊まったひらまつさんと料金は二人分で500円しか変わりません。どうもベットの上に枕を一つ余分に置いた分がその差額だったようです・・・(^^;。枕1ッ個500円なり(笑)次は腹ポンに床の上で寝てもらおうと心に決めたべりでした・・・・<こらっ

車で公園駐車場に付くと前の車から降りてきたのはなんとKLEINさんでした。お互い可笑しくて笑ってしまいます。どうしてこんなに縁のあるヒトなんでしょう・・・?。ひらまつさん、腹ポン、武さん(KLEINさんの先輩さん)の自己紹介も終わった頃、向こうにMMコンビさんが・・♪森田さんと久しぶりにお話します。

「べりさん、先日の雨の日加古川あたりタンデムで走ってたの貴女たちでしょう!見たで!!(笑)」と言われ、爆笑します。見られてたいたとわ (^^)。森田さんは前々からSakaiさんちのタンデムに乗りたくて仕方なかったのですが、今度メグロさんと乗りに来るそうです。「2台でタンデムツーリングしましょうね!」と話していると、突然モリタさんが大声で叫ぶ・・・・・

「ワタシ、次の400、雨やったらDNSやからっっっ happy02 」と叫ぶ相手は尾澤代表でした・・・。

( ̄ー ̄)ニヤリッ、と不敵に笑う尾澤代表。なんのことやら、サッパリのワタシ・・(^^;。地理が判らないまま400申し込み済みのワタシなんですが。雨の女王が何故に雨でDNS?と思って、「なんで?}と恐々聞くと

「だってあの坂やで!!あの坂、雨やったらアカンわ!」とモリタさん。横からメグロさんが「7パーセントが7キロ続く (^^;」と教えてくれました。

げええええ~(((゚Д゚)))ガタガタ そんな話聞いてません・・・・(汗)。「尾澤代表、早くプロフィールマップ挙げてください!!」と思わず言うと

( ̄ー+ ̄)「ふっ・・・」とまたもや不敵に笑われてしまいまスたよ(泣)。いやいや確かめもしないで申し込むワタシが悪いんですが。

慌ててKLEINさんに確かめます。「次の400のコースって・・・??」

「ああ、去年の300のコースの延長ですよ(^^)。1200mまで登ります。」とKLEINさん。

「しかも海抜0から登りますから実質丸々ですよ~♪」となんだか嬉しそうな武さん・・・・。

そんなん知らんかった~っ(>_<)無~理~!」と絶叫するワタシ。4ケタ標高ブルベだなんて聞いてない・・・・・・・(呆然)。

「KLEINさんは翌週伊吹山ですよね?!じゃ、やっぱり伊吹山に大事をとってDNSとか??」と藁にもすがる思いで聞いてみました。私もDNSしたい・・・・(泣)。

「何を仰る (^^)。長い登りがちょうど伊吹山のいい練習になるじゃないですか。名古屋らしくて良いコースだぎゃ♪」

....._| ̄|○..... 伊吹山は400キロも走らないでしょう?・・・17キロでしょう?・・・。退路を断たれ肩を落とすワタシ。

と、なぜか名古屋300キロブルベを走り出す前に次の400キロの心配で頭がいっぱいになって出走時間となったのでありました(<おかしいゾ・・)。ちなみに下がアルプスで見つけた400のコースです (大泣)。

400

| | コメント (3) | トラックバック (0)

名古屋BRM228(暫定)

P2280117

伊良子岬灯台にて。急な階段を下りていくと小さな灯台が隠れるように建っていました。

今回は良く遊び、良く食べ、そして良く走りました。

和菓子屋さんに始まって、長篠城跡、巨大えびふりゃ~のお店、伊良湖岬灯台、焼き大アサリ、台湾ラーメンと食べ歩き、寄り道をして観光。

P2280127 そして22時50分ゴールしました。

「楽しかったですっ♪ありがとうございました♪」

と、ブルベカードを出しながらスタッフの方に思わず言ったほど、楽しいブルベでした。スタッフの方に感謝!

今回、前回、前々回と名古屋ブルベでご一緒させていただいたクラインさん、その先輩さん♪本当に有り難うございました。そしてひらまつさんにはいつものようにお世話になりっぱなしで・・・。

今回も色んな方と出会え、素敵な自転車の旅となったことに感謝です! 

・・・・・・と、暫定を挙げておくのでした。・・・・本編はいつになるやら・・・(^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

参〇〇もうすぐ

Img_6707 名古屋200レポートを挙げる前にもう名古屋300の季節となりました (^^;

いやはや、時間が経つのは速いものですね~(汗;)(←怠けすぎの声もあり・・・)

ブルベ申し込み時にはすっかり忘れていましたが、私は重度のスギ花粉症でした。どんなに忘れたくても忘れさせてくれない花粉症、きっちり発症しました。ツラいです。今読んでいる「夜明け前」(島崎藤村)によると昔から木曾は木曾五木が有名で、ヒノキ、サワラ、ネズコ、ヒバ、コウヤマキの名産地だそう。幸い杉は入ってなかったので少しほっとしてます。

さぁて♪今回は旦那さんも一緒です。やった~heart04 嬉しいですheart02 とりあえず自転車の準備が楽です。気も楽です (^^)v 。でも補給食の準備は大変です (笑)。

強がってますが2回目の300キロ、やっぱり不安ですね。でも旦那さんも仲間も一緒だから、今回は前回の200よりもずっと気が楽です。

今晩かの地へ出発です。でわ!(写真はどっかから旦那が見つけてくれたもの。超寒がりなのでニッカホース着用です(笑))

| | コメント (10) | トラックバック (0)

甘いブルベ生活

Ca391862_2

ブルベ完走後に、甘いメダルを頂くというのも良いですよね♪ Photo_2

なかなか、(*^ー゚)bグッジョブ!!な仕上がりだと自負しております。

プーリーはSHIMANO製です(と、はっきり刻印されてます・・・)。ただ高品質クーベルチュール仕様という材質上35度以上で溶けてしまい、スポーツバイクには使用できません。残念なり・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »