« 埼玉1000 start~日本の反対側の街へ | トップページ | 埼玉1000 ゴール目指して!3日目 »

埼玉1000 ~長い長い日本海の旅

Pap_0026 

5時まで寝るつもりでしたが、4時過ぎには目が冴えてしまいます。隣では腹ポンがまだぐぅぐぅsleepyと寝ていました(<相変わらずやのー(^^;))。ドリンクを取りに行くと腹ポンも目をさまし、「もう行く?」と聞いてきました。

「もうワタシ眠れないみたいだから出てもいいかな?」というと、「じゃ」と出発の準備です。今日は一日中日本海沿いを北上しますから、日焼け止めは入念に塗ります。こってりとね!

5時20分、精算(二人でカレー込で3700円)を済まして外に出ると朝焼けが綺麗でした。結局3時間すこし寝ていたようです。朝ご飯予定地のセブンイレブン肴町まで40キロほど、早朝のうちは向かい風はあまり吹いていませんでしたが、7時前くらいになると少しずつ吹いてきます。ちょっとブルー。でもあまり寝てないにせよ、ゆっくりと休んだので体に疲れが残っている感じはありませんでした。

肴町のセブンイレブンには、何人かブルベストが朝ご飯をしていました。GIOSに乗った方とお話しすると、夜はドアつきのバス停に泊まられたそう。バス停はブルベストの中では大人気だったようで、「お!ここも先客が」と何人もの人が残念そうに先に行かれたそうです。ただ、夜が明けきるまえから前の道を「・・・・シャー・・・・・・シャー・・・・・・・」とブルベストの銀輪の音が通り過ぎて行き、おちおち寝ている気分じゃなくなるのが難だとか(^^)。とても楽しそうで、「野宿ってもしかしたら楽しいのもかも?」なんて思えてくる不思議な方でした。コンビニを出ると ・・・

P9210033

日本海見ゆ!!(゚▽゚*)。嬉しい!!

と、一人速いブルベストが追い抜いていきます。これ幸いと後ろについてスピードアップする腹ポン。後ろにつくにあたって横に並んで了解もとったよう・・・・・・。ここからがしんどかったです。見知らぬ海苔さんとと先頭交代をしているうちにどんどんヒートアップしていくような気が・・・・(^^;。この展開、先日の近畿400でもあったような、と嫌な悪寒が走ります。先ほどのGIOS乗りのブルベストさん(masaさん)の横もすり抜けmとうとう35キロ毎時あたりまで速度があがり「腹ポン、もうダメ~bearing」と後ろから叫びます。けど、向かい風に飛ばされて腹ポンには届かないようです(あぅ)。後ろから見かねた海苔さんが、腹ポンの前に出て抑えにかかってくれて、ようやっと30キロ毎時あたりに落ちました(ふぅ~)。

ワタシは死ぬ思いでしたが、次の信号で更に衝撃の事実が明らかになります。なんと、この妙に「次のPC」なんて言葉が通じる海苔さん、ブルベ参加者ではなく一般ローディさんでした。ブルベ参加者の友達に会いにこられたそう。

「そらアカンわ!」と叫ぶ腹ポン。「ぼ、ぼく、離れてますから・・・。」ということで海苔さんと別れます。(※先頭交代で引いた頂いたことが「第3者のサポート」にあたるかどうか気になったので、あとで名古屋の元スタッフの方に聞いてみます。「こちらからサポートを求めたわけではなく、ブルベ参加者と思っていたわけですから、『第3者のサポート』にはあたらないでしょう」とのことでした。んー、でも、気をつけないといけないですねー。)

☆ 439km地点 ★PC4温海についたのは9時15分あたり。ここでモリタさんとメグロさんにお会いします。

Pap_0025 

夜中走ってここの裏手で仮眠されたとのこと。ひぇ~(@@)、野宿ブルベストがここにも!と驚きます。しかも本当に「野」宿っぽい。「基本は宿、最後の手段が野宿」、と思っていましたが、どうも野宿というのはブルベの基本技のようですね。野宿することが出来れば、適当に走ってどこでも眠れるので、走行計画がフレキシブルになることは確かです。が・・・・・・が。。。。。。(←初心者悩み中→)。。。。。(^^;。。。。。。。頑張ろうsweat01

ここを出たあたりから大ギア腹ポンの調子が悪くなります。

(-_-X) あんなに飛ばしたりするからじゃ?・・・・と、思いますが気分が悪いものは仕方がありません。第一昨日からずぅーーーっと引いてくれていたんですから、今度は私が前に出ることにします。私が引くとスピードが落ちますけど、その分腹ポンも休むことが出来る筈(^^)。小ギアのべりさんもたまには頑張りまっす♪

腹ぽんと先頭を交代しながらも、頑張るのですが・・・・・・やっぱり私が引くとのそいんですね(^^;。

Pap_0022 

それでもとうとう最上川を渡ります(11時17分)。朝走り出してから135キロ。前方遥かには裾を長くひいた雄大な鳥海山が見えてます。「五月雨をあつめて早し最上川」という句から、もっと急流をイメージしてましたが、最上川は驚くほど大きな川でした。ここを渡ると酒田市街です。志幡山居町店でゆっくりとお昼を食べながら腹ポンの回復を待つ方がいいのかも、と思って顔を覗き込むと「お腹空いてない。アイスくらい。」とのことで市街を抜けてコンビニを探します。コンビニで「ちょっと休むわ」とコーラとプリンだけ食べて、しんどそうに横になってしまう様子を見ているといつもの腹ポンじゃないのは確かです。「この先どうなるんだろう・・・」と物凄く不安になりました。

この先でまた《IMAI》さんと一緒になります。暫くワタシが先頭を走っていましたが、直ぐに前に出て引いて下さいました。有難かったです。ただ、前を引きながらダンシングを多用される様子を拝見すると・・・ん?・・・・多分おちりが痛んできてらっしゃるのかな?。ワタシも相当痛くなってきていたので、サドルからお尻を持ち上げるお気持がよぉぉ~く判りました。

でも、ひたすら進む7号線の吹浦あたりの登り区間で千切れてしまいました。ここらあたりはパイパスになっていて海岸線から少し入ってアップダウンのある高速道路のような道でした。残念でしたけど、疲れて脚が回らないから仕方ありません。また二人でちんたらと北を目指して走り続けます。本当にひたすら北を目指してひたすら走るのです。ここらあたりは精神的にもしんどかった区間です。

☆ 520km地点あたり ★

P9210039

右手に鳥海山が見えてます。前方の標識に秋田県の文字。いよいよ秋田県にやってきました(12時41分)。

P9210040 

風力発電の長閑な風景です。風は向かい風が当たり前化しつつありました。「帰途は追い風かなー」とか、儚い夢を描きながら進みます(当然、向かい風でした)。

お昼ごはんを食べそこね、腹ぽんはいまだ食欲がわかずにコーラとプリンばかり。これではダメだなあ、なんとかしなければ、と思うも走るのに精一杯でした。秋田に入って12キロほど、象潟道の駅に来たのが13時12分、食欲がなかろうがなんだろうがここで食べないとどうしようもない、と止まっていくことにします。「ラーメンなら食べれるかも」ということで「とびうお出汁の快走ラーメン」を・・・・もとい海草ラーメンを(^^)。出てくるのに大分待たされた挙句、酷く不味いラーメンでしたが、付け合せのキムチが美味しくてこのキムチを食べて食欲が戻り、腹ぽんがラーメンを食べきりました♪

P9210041 ここで食欲の戻った腹ぽんに脚の調子も戻ります。食欲と調子が見事に連動している奴ぢゃなっっ??!(^^;;;と呆れますが、兎に角調子が戻ってくれて嬉しかったです。

こうやって後から見てみると腹ぽんが調子悪かったのは朝9時半から13時過ぎの間だけなんですね。でも、ワタシにはとっても長い間のように思えました。いつもどれだけ腹ぽんに頼り切っているか良く判ります。

この道の駅で1時間ほど停車していました。走り出しは14時06分、暫く走るとモリタさん・メグロさんと出会います。ここまでにも朝から何度もお会いしていましたが、お二人の走り方はムダがありません(感嘆)。ずっと一定ペースで走り続けておられるようです。それに比べて私たちときたら、飛ばしたかと思うとヘタレたり、休憩をやたら長くとってみたり (^^;。

japaneseteaモリタさんの爪の垢を煎じて飲ましてもらわにゃっjapanesetea と思ったべりでした。

ラーメンを食べて徐々に元気になっていく腹ぽん、ゴマちゃんやクボキちゃんの励ましメールも大分効いたようでした。「おー!rock」と片手を突き上げて頑張るぞーってやってましたから(^^)。

でも腹ぽんが元気になるにつれ、私の気が緩んだのか眠たくなってきちゃいました。スピードもガタ落ちです。ふと、「今日は北上まで持たない気がする・・・」と思います。眠気覚ましのタブレットを噛みながら、腹ぽんの背中を見ていると、ふっと背中が遠くなるのです。秋田のPC5までの30キロくらいが果てし無く遠く思えました。

☆ 584km地点 ★  16時37分やっとPC5に到着しました。

ここまで来れば安心なハズ、ここを夕方5時に通過して大曲を8時通過し北上を12時過ぎに到着するという当初の予定のとおりの筈なのに、ワタシは順調に来たという気持は全くもてませんでした。

ここは有人PCです。白木さんが「また、何か食べたの?」と聞かれたので、「雪国まいたけのご飯を(^^)」とお答えします。まだ夕ご飯って感じじゃないなーと思っていたら、皆モリモリバクバク食べてはるじゃありませんか!!(@@)。お一方に

「これって夕ご飯ですか?」と思わずお聞きすると、

「・・・・・・ん・・・・?(--)・・・夕ご飯か・・・な・・?もうそういう感覚もなくなっちゃったな・・・」と妙にしんみりしてはるじゃないですか。そうか、夕ご飯とか決めないで、食べられるときに食べとかないとダメなんだ、と妙に納得して私もグラタンなど食べてみます。

またGIOS乗りのmasaさんはワタシの顔を見ながら「女性は大変ですねえ・・・・大変だ(ウンウン)」と妙に納得されるのです。なんのことだろー?と思っていたら、あとで鏡をみてわかりました。

日焼け止めを塗りたくったので、まるでインディアンのように顔面ムラムラ塗装になってたからじゃ??.........OTL...............グスン。

一番嬉しかったのはスタート以来会えなかったおじょこさんご夫婦に遭えた事!!元気そう!!600キロ近く走って再会できるなんて、ブルベならではやと思います♪

兎にも角にも17時15分、PCを走り出します。すぐに国道13号線に入ります。ここで日が暮れてきました。

「日本海に沈む夕日は見れなかったなあ・・・」と前をいく腹ポンのヤケに明るいテールライトを見ていると、道路わきの茂みになにやら動く影が・・・。腹ポンも気づいたと見えて視線の先を照らすようにヘルメットにセットしたペツルの光がそれを捕らえます。

イノシシではないですかっっ coldsweats02 しかも親子連れ!!と、その横にぴょこぴょこと動く影。

うさぎではないですかっっ coldsweats02

・・・・・次は熊かな・・・・ wobbly・・・・(泣)。と、ちょっと怖くなったのですが、何より怖かったのは道でした。高速道路かと見まごうようなスピードで走っていく車ばかり。夜道で車に物凄いスピードで抜かれると神経が疲れます。その上ところどころセンターラインにポールが立っているし路肩も狭いので、大型車両が抜けずに後ろでイライラしているのが判ります。コンビニが出てきたところで、腹ポンが

「ちょっと休んでいこうか。怖かったンちゃう?ボクでも怖かったから。アンタやったら、どれだけ怖いやろうな、と思いながら走ってた。」と、優しく言って顔の覗き込んできました。思わず「ウン、怖かったcrying。」と泣きをいれて飲み物を買って休みます。有難う腹ポン・・・。

そこから下っていくと大曲健康ランドへの分岐を8時前に過ぎます。予定ではこのまま北上(718キロ地点)までだなあーと思うのですが、このまま自分が夜の山道を85キロ、12時過ぎまで走れるか不安でした。疲れてました。。。。。。。

☆ 661km地点 ★ 横手の町まで来た時、まだ9時前だというのが信じられないくらい疲れていました。寒くなってきて、どうしても休みたくて後ろから「腹ポン、何か食べたい・・・・」と訴えます。

「お、マクドがあるから、何か他にもあるやろう~」と何故か昼間と打って変わって元気一杯に回復した腹ポン・・・(^^;。もしかしたら、二人のうちどちらかがヘタれると「オラがしっかりせねばー」ってなってるんちゃうかなー、なんて思います。

婦気の交差点の角にあるラーメン屋にはいります。席に座った途端、どっと疲れがでて真っ直ぐ座っていられずそのまま机に突っ伏してしまいます。腹ポンが心配そうに

「ラーメン食べたら行ける?なんならここ(横手)にもネカフェあるし、ここで止まる?」と聞いてきました。ラーメンを食べて考えることにして、暖かいラーメンを啜り上げます。ちょっと元気になったかなー?と思ったとき、前の道を北上目指して走るブルベストが二人、眼に入りました。

「あ、痛ホイールの人や!」と腹ポン。

「ああ・・・・、皆頑張ってるんだ・・・・。今から北上の山を越えるんだなあ・・・ワタシも頑張らないと。」と思いました。なんとそのうち一人がゆば~ばさんだったとは思いもしませんでした。

店を出て走り出します。直ぐに橋を渡りかけますが思いもかけず向かい風がびゅーっと吹き付けてきました。その時、ぐっと踏み込めない自分が居ました。

「この感じ、名古屋600の時、富山から折り返してすごう峠に上っていった時の感じやわ、、、。きっと途中で寝てしまうし、スピードも上がらない。」橋の途中で止まってしまいました。

先に行っていた腹ポンが戻ってきます。「どうしたん。大丈夫?泊まる?」

「・・・・・・・・・・うん、ムリみたい。」と、どうしても言いたくなかった弱音を言います。そうと決まれば善は急げ、目の前のネットカフェに飛び込みます。手続きが済むとブースに倒れこむんでしまいました。

「明日、3時に目覚まし掛けておくから。ハイ、アイマスクと耳栓。コンタクト取らなくていいの?何か飲まない?大丈夫?」と甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる腹ポンの横で、あっという間に、ぐぅぅぅぅ~っと一気に眠りにつきました。二日目の夜はあっという間にやってきました。一日目の走行距離は371キロ、二日目の走行距離は311キロ、残すところは362キロでした。

|

« 埼玉1000 start~日本の反対側の街へ | トップページ | 埼玉1000 ゴール目指して!3日目 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531167/46597266

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉1000 ~長い長い日本海の旅:

« 埼玉1000 start~日本の反対側の街へ | トップページ | 埼玉1000 ゴール目指して!3日目 »